本屋に行きたい


GWも終わり、紀伊国屋や三省堂など一部の書店が営業再開したという情報を知る。あー、本屋に行きたい。大型店だけでなく、まちの本屋さんや古書店でもいい。コロナ禍だからなぁ。不要不急良くないんだよなぁ。今は頑張って我慢していなきゃなぁ。ってことではない。

なぜなら、この地域には本屋がない。都会も本屋が潰れてて大変だというけれど、この土地はもうすでに本屋がほぼ消滅していました。都内にいた頃は図書館もかなり利用していたので、市の図書館はどんなものかと、所蔵書籍検索を試してみたところ、お目当の本は何一つヒットしませんでした。まじか。むしろ置いてある本はどういうものなのだろうか。逆に興味が湧いたので、今度行って見ることにしよう。(現在はコロナで閉館中のため)

もしかしてもしかして、今まで私が思っていた以上に本って必要とされてないの??やたらと巨大なドラッグストアが狭い地域の中に次から次へとオープンしているけど、ドラッグストアってそんなに需要があるの??(最初ほんとうにドラッグストアだらけで驚いた)ドラッグストアで儲けている社長さん、そのひとつを書店にするとかどうですか?

かろうじて本の現物を目にすることができるのは、コンビニや小さなショッピングモール、某映像レンタル店の一角に併設されている本コーナーぐらい。置いてある商品は、雑誌、漫画、教材が多く、文芸や絵本がちょこっとといった感じ。そしてどのジャンルも大体ベストセラーとか話題になっているもの、本をあまり読まない人が著者名を聞いてもなんとなく分かるような有名作家のもの。たとえコロナ騒動が収束したとしても私はふらり本屋ライフが出来ないのか。うーん、厳しい。今の時代ネットでいくらでも買えばいいじゃん!って言われるけど、そういうことじゃない。本屋で本を散策する行為がしたいんです。同じ距離を歩くとしても外を散歩するのと、家の中でルームランナーで歩くのは全然違うのと同じこと。ふらっと行ってその店が仕入れた新刊や本棚のラインナップを見たり、手に取って紙を触ったり装画見たり、そして思いがけない本を見つけて気づいたら購入してしまったり。自分でも気づかなかった、今興味を持つものを自覚させられたり、絵が描きたくなったりもする。あぁ、本屋に行きたいなぁ。今ままで当たり前にあったものが無くなると、それが自分の中でどのくらい必要なものだったか、もしくは必要ではなかったかが分かってくるとはこのことよ。コロナ状況であることもあってこれから特に浮き上がってくるのだろうか。それを自覚するにはいい機会のような気もするけど、とりあえず、私にはドラッグストアよりも本屋が必要です。

© 2020 (c) MARUKO KIKUCHI all right reserved.